定型外になってしまう加工

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.12.14
定型外になってしまう加工

DM(ダイレクトメール)アンサーちゃん

「おなじDM(ダイレクトメール)でも、受取人の目を引くDMを作りたい…!」と思う方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし規定内のサイズ・重量であっても、はがきへ下記のような加工を施してしまうことで「定型外郵便」の扱いとなりますのでくれぐれもご注意ください。

***

《 切手型のはがき 》
4辺が切手のように波状になっているはがきです。
はがきは辺が直線でなければいけないため、1辺だけでも形状が変わってしまうと定型外となります。

 

《 エンボス加工 》
紙を凹版と凸版で挟み、表面に凹凸加工をほどこしたものです。

《 トムソン加工 》
型を成形しその形に紙を切り抜く型抜きのことです。

エンボス加工・トムソン加工ともに本来のはがきの厚み・形状ではないため定型サイズでの扱いは出来なくなります。 

 

《 角丸加工 》
はがきの角を丸くしたものです。
受取人に柔らかい印象を与えることができ、市販ポストカードでもよく見かける形ですが、角を丸くしていまうことで「定型」ではなくなります。よってはがき料金は適用されず定型外郵便料金(120円~)での発送となります。