宛名の敬称

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2015.02.08
宛名の敬称

●御中
 会社や病院などの団体・組織に宛てる場合は「御中」を使用します。
 →「××株式会社 ○○部」のように部署や課が入る場合も敬称は御中になります。

●先生
 講師、教師、医師などいわゆる「先生」と呼ばれる仕事に就いている人へ宛てる場合は「先生」を使用します。
 →「△△病院 ○○先生」、「△△英会話教室 ○○先生」

●様
 個人、および会社の担当者等に送る場合に付ける敬称です。
 →「××株式会社 ○○部」の後に個人名が来る場合は「様」を使用します。

●殿
 「様」同様個人宛に使われる敬称です。
 格下・同格の相手宛の際に使用されます。文書や表彰状の名前なども「殿」と書かれることがあります。

●行・宛
 往復はがきや返信用の封筒を送る際、自分の会社、団体、氏名の後に付ける敬称です。
 「行」と「宛」の使い分に明確な基準はありませんが、一般的に会話の中では「弊社の○○宛てにご送付ください」など「宛て」を使用します。