CMYKとRGB

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.02.17
CMYKとRGB

色は表現方法の違いで、CMYKカラーRGBカラーとの2種類あります。

CMYKカラーとは、色の三原色のC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)のことです。これらを混ぜ合わせ、明度を下げて色を表現していくため、減法混色と言われています。色の三原色は原理的には混ぜ合わせれば完全な黒になるはずですが、実際には濁った灰色のような色になってしまうため、K(ブラック)インクを加えます。
一方、RGBカラーは光の三原色のR(赤)、G(緑)、B(青)のことです。これらは混ぜ合わせることにより、明度を上げて色を表現していきます。光の三原色を加えていくといろが明るくなり、最終的に白になるため加法混色と言われています。

一番重要なことは、ダイレクトメール(DM)等の印刷ではCMYKカラーを使用するということです。 C(シアン)M(マジェンタ)Y(イエロー)K(墨)の4色を使って、 印刷に使う様々な色を表現しています。印刷データの作成にはCMYKカラーを使用してください。

yjimage3