“親展”について

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.09.17
“親展”について

「送ったDM(ダイレクトメール)を宛名本人に開封していただきたい」

そんな場合は封筒に“親展”という文字を入れて発送していただくことも可能です。

***

“親展”“信書”を混同して「”親展”と書かれた場合は広告郵便やメール便ではで送れないのでは?」と思われがちですが、
“親展”=”信書”では無いため、”親展”の文字を入れても郵便はもちろんクロネコメール便でも発送することが出来ます。(郵便で出す際は広告郵便の割引も受けられます)

***

総務省の『「信書に該当する文書に関する指針」Q&A集』に下記のような文章が掲載されています。

親展

 

「親展」を辞書で引くと…

んてん 【親展】

(「親」 はみずから、「展」 はひろげる意)
手紙 ・ 電報を名宛人自身が開封することを求めるのに使う語。親披、直披 (じきひ)。
(『広辞苑』 第六版)

「封書などにおいて、宛名となっている本人が自分で封を切り開ること」ですので、あくまでも「宛名の人以外は開封しないでください」という意味合いになり、”親展”という表記によって信書になるわけではない、とされています。