DM(ダイレクトメール)のCMや広告とは違うところ

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.09.30
DM(ダイレクトメール)のCMや広告とは違うところ

DM(ダイレクトメール)・CM(コマーシャルメッセージ)・新聞などの広告…
これらは全て「商品やサービスを紹介する」という消費者への宣伝ツールですが、DMとCM・広告では大きく違うところがあります。

***

CMや広告での宣伝は、より多くの人に見ていただけます。たくさんの人に見てもらえるということは、それだけ商品を購入させる力が有るということになり、CMや広告の力は偉大であると言えます。
しかし、CMや広告を見て「何人が来店し」「どんな人が買ったか」は誰にも分かりません。広告を出して売上が10%・20%上がったとしても、それが本当に広告の力によるものだったのかは 測定することができないのです 。

一方DM(ダイレクトメール)であれば「1万通に対して○○名が買った!」という具体的な結果がはっきりと出ます
DMは数百~数万程の限られた人物に向けて発送します。ですから、購入した人数だけでなく「どんな人が買ったか」までも把握することが出来るのです。つまり、DMの発送費用という「投資」に対しての「利益」を明確な数値で表すことが可能になります。投資と利益

 

..