広告郵便物の送達日数②

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.10.07
広告郵便物の送達日数②

前回の「広告郵便物の送達日数①」でもご紹介しました通り、大量のDM( ダイレクトメール )を発送する際にも適用される広告郵便物の割引を受けるためには通常の送達日数(1日~2日)+3日程度の日数が必要となります。

「はがきに掲載したクーポンをすぐにでも使ってほしい」「1日でもはやくお店に来てほしい」…そんなご要望があれば、下記をご参照ください。

***

はてなくん

 

Q:届いたその日から使えるクーポン付のはがきDM(ダイレクトメール)を送ろうと思っているんだけど、地域によって送達日数が違うし、ギリギリの日付を載せると割引が受けられなくなるかもしれないし…こんな時はどうしたらいいの?

 

アンサーちゃん
A:送達日数が違う地域に発送する場合や、印刷~投函までの日程がなく広告郵便の割引を受けられるかどうか曖昧な場合は「〇月×日~〇月△日まで有効」のような具体的な日程ではではなく「はがき到着日から〇月△日まで有効」という様に、お客様の手に届いた日から使用が可能になるような記載をして下さい。こうすることにより送達後はすぐにお客様に使用していただけますし、広告郵便の割引もきちんと受けることが出来ます。