DM(ダイレクトメール)を送るタイミング①

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.10.10
DM(ダイレクトメール)を送るタイミング①

同じ内容のDM(ダイレクトメール)でも、発送のタイミングによって反応率(レスポンス)に大きな違いが生じる場合があります。
DMの反応率を向上させたいのであれば、発送時期を選んで送るのもいいかもしれません。

***

基本的に、過去に発送したDM(ダイレクトメール)の履歴を見て効果が高かった時期を再度狙って発送されるかと思われます。しかし、過去にDMを送ったことがないという方や、以前出したことがあっても効果的なタイミングがイマイチわからないという場合は、下記を参考してみてください。

【 レスポンスが期待できる時期 】
*ボーナス(またはその直前)の時期:6・7・11・12月
*進学や人事異動などの時期:3・4・9・12月
*新しいことを始める時期:1・3・4・9月
 →一般的に消費活動が活発になる時期がDMの適期とされています。

【 レスポンスがあまり期待できない時期 】
*1月前半
*2月
*ゴールデンウイークとその直後
*8月の夏休みシーズン
大きな出費の直後(1月の前半ゴールデンウィークのあと)や、不在率が高い夏休みや大型連休一般的に景気が低迷する2月・8月などは、レスポンス率が低い傾向にあるようです。