ニュース&スタッフブログ

透明封筒を郵便として差出す場合

透明封筒に入れた手紙やDM(ダイレクトメール)を郵便で差し出す場合にはさまざまな規定があります。

下記の事柄を満たせないものは定型外郵便の扱いとなってしまいますのでご注意ください。

***

【 全透明封筒 】…封筒全体が透明になっている封筒のことです。
*封入物に局印と宛名が印刷または貼付けされていること
 封筒の外側に印刷や宛名シールの貼付けは不可。
封筒と封入物の隙間を無くす
 A4用紙を3ツ折りにした封入物ではこの条件を満たせない為、別途で封筒と同サイズの紙を1枚入れていただく必要があります。(宛名を印刷した用紙を封筒と同サイズにして封入することで定型サイズでの投函が可能)
.
.
【 表:2/3ベタ 裏:透明 】…透明封筒の表側2/3に白い印刷が施されている封筒のことです。
・全透明封筒と同じく封筒と封入物の隙間を無くす
 封入物が2点以上ある場合はどれか1つでも封筒と同サイズにしていただければ、残りの封入物が小さくても発送可能です。
.

基本的には、透明部分を印刷物で塞ぐ必要があるようです。
透明部分を封入物で塞げない場合は定型外郵便として、もしくはクロネコメール便であれば発送することが出来ます。

DM(ダイレクトメール)のプロとして、お客様のビジネスに貢献いたします

株式会社ジャパンメールは、DM(ダイレクトメール)の発送代行業務はもちろん、
企画・デザイン、印刷、広告郵便申請など、DM発送にかかる面倒な作業を全て一括で格安に承っております。
年間1000万通以上のDM発送を請け負っており、大企業から個人の方に至るまで、
全国各地の様々なお客様に継続的にご利用いただいております。

創業以来、DM発送に特化し、一社一社のお客様のご要望にお答えしてきたことで培われた
経験やノウハウを最大限に活かし、これからもDM発送のプロフェッショナルとして、
皆様のお役に立てるサービスを提供してまいります。
DM発送に関してご不明なことがございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。