冊子の綴じ方

Page TOP
  • ダイレクトメール(DM)ジャパンメール ホーム
  • 安さの秘密
  • サービスメニュー
  • 初めてのかたへ
  • ご発注の流れ
  • お客様の声・実績
  • 会社情報
  • よくある問合せ
ニュース・スタッフブログ
2014.11.21
冊子の綴じ方

冊子印刷の製本方法には「中綴じ」と「無線綴じ」があります。

それぞれに特徴があり、用途や予算などによって製法を選ぶことが出来ます。

 

《中綴じ冊子》

・針金を使って綴じているもので、薄手の冊子向きの製法

・中綴じ冊子は構成上4ページごとの作成しかできません
 ..ページ数は表紙も含めて4の倍数になるように設定してください

使用例:商品カタログ、案内パンフレットなど ※DM(ダイレクトメール)にも多く使用されています

 

《無線綴じ冊子》

・のりを使って背を止めているもので、厚手の冊子向きの製法

・2ページ単位でのページ設定が可能
..ページ数が少ないものはうまく綴じれない為おすすめしません

・背をのりで固めているので背表紙が出来る

使用例:絵本、雑誌、記念誌などページ数が多く厚みのもの