ニュース&スタッフブログ

【第28回】郵便局【タウンメール】が2021年4月より送料を大幅値上げ


画像引用元:配達地域指定郵便物の料金の改定

DM(ダイレクトメール)での新規開拓ツールとして活用されている宛名のいらない郵便局のポスティングサービス「タウンメール(配達地域指定郵便物)」。
日本郵便は2020年11月16日、「タウンメール(配達地域指定郵便物)」と「郵便区内特別郵便物」の料金を2022年4月1日から値上げすることを発表しました。
今回は、「タウンメール(配達地域指定郵便物)」の概要や値上げ後の料金、「郵便区内特別郵便物」の変更点などをまとめましたので参考にしてみてください。

タウンメール(配達地域指定郵便物)の料金改定内容

区別 重量 改訂前
(〜2022年3月31日)
改定後
(2022年4月1日〜)
定形郵便物
定形外郵便物
25gまで 29円
50gまで 42円 67円
100gまで 56円 81円

引用参照元:配達地域指定郵便物の料金の改定

タウンメール(配達地域指定郵便物)とは?

タウンメール(配達地域指定郵便物)」とは、A4サイズ(長さ34cm以内、幅25cm以内)、重量100g以内であれば、宛名不要で配達を希望するエリア全域に郵便物が配達される日本郵便によポスティングサービスです。
サービス利用歴や商品購入歴のないターゲットに対してもDMを送付出来るだけでなく、信頼度が高い郵便物であるため開封率も高いことから、新規顧客獲得のツールとして企業のMD販促に活用されてきました。

タウンメール(配達地域指定郵便物)のメリット

  • 宛名不要でDM送付できる
  • 希望するエリア全域に送れる
  • ポスティングよりも短期間で配布される
  • チラシではなく郵便物なので信頼度が高く開封率が高い

「タウンメール(配達地域指定郵便物)」の最大のメリットは宛名不要で送付できる点です。ポスティングサービスではDMを送付しにくい顧客や新聞を購読しておらず折込広告が届かない顧客にも効果的にDM送付することが可能です。

タウンメール(配達地域指定郵便物)の利用方法

郵便物の表面への表記 「配達地域指定」
引受除外期間 12月15日~翌年1月14日の間
配達日数 普通郵便物の送達日数(2日)
+3日程度の余裕
事前申請 なし
準備期間 最短3~5営業日
料金体系 定価
一通あたりの料金 (改定前:〜2022年3月31日)
重量25gまで29円
重量25gを超え50gまで 42円
重量50gを超え100gまで 56円

(改定後:2022年4月1日〜)
重量25gまで57円
重量25gを超え50gまで 67円
重量50gを超え100gまで 81円

最低差出個数 指定なし
差出方法 郵便区番号ごとにまとめて、配達郵便局へ差出(一次区分)
差出郵便局 配布エリアを管轄する配達局
その他

引用参照元:「タウンメール」と「タウンプラス」の違い

郵便区内特別郵便物の改定内容

「タウンメール(配達地域指定郵便物)」の値上げのほか「郵便区内特別郵便物」も値上げとなり、郵便法改正に伴い差出条件が変更されます。

郵便区内特別郵便物の料金改定内容

郵便区内特別郵便物」とは、A4サイズ(長さ34cm以内、幅25cm以内)、重量250g以内で、その郵便物の配達を行う郵便局または地域区分局が指定する郵便区に同時に100通以上差し出すなど所定の条件を満たすことで適応される割引のことです。
これまで「郵便区内特別郵便物」は通常の料金よりも15~49円割安なためDMをお得な料金で発送できるとされてきましたが、2022年4月1日以降、一通あたり一律5円の値上げとなります。

区別 重量 改訂前
(〜2022年3月31日)
改定後
(2022年4月1日〜)
定形郵便物 25gまで 57円 62円
50gまで 63円 68円
定形外郵便物 50gまで 85円 90円
100gまで 95円 100円
100gまで 131円 136円
100gまで 158円 163円

引用参照元:郵便区内特別郵便物の料金の改定および差出条件の変更

※「郵便区内特別郵便物」の値上げは「特別料金(3)」と「特別料金(4)」が適用となるものが対象で、「特別料金(1)」と「特別料金(2)」については変更ありません。
「郵便区内特別郵便物」の特別料金(1)~特別料金(4)の主な条件は以下の通りです。

画像引用元:郵便区内特別郵便物の料金の改定および差出条件の変更

郵便区内特別郵便物の差し出し条件改定内容

「郵便区内特別郵便物」は、これまで郵便物を配達局ごとに差し出す必要がありましたがが、2022年4月1日以降は『差出通数が配達局ごとに1000通以上』『配達局ごとの差出通数などを記載した内訳票を提出』などを条件に、その郵便物の配達局を受け持つ地域区分局にまとめて差し出すことが可能になります。
※「郵便区内特別郵便物」の値上げは「特別料金(3)」と「特別料金(4)」が適用となるものが対象で、「特別料金(1)」と「特別料金(2)」については変更ありません。

値上げ前に「タウンメール(配達地域指定郵便物)」を利用しましょう

今回は、「タウンメール(配達地域指定郵便物)」の概要や2022年4月1日以降の値上げ後の料金、「郵便区内特別郵便物」の変更点などをまとめました。
郵便区内特別郵便物」が一律5円の値上げに対し、タウンメール(配達地域指定郵便物)」は重量に応じて一通あたり25~28円の大幅な値上げとなります。

宛名不要で送れる「タウンメール(配達地域指定郵便物)」は

  • 新規客にアプローチしたい人
  • DMの送付にかかるコストを抑えたい人
  • 顧客の宛名リスト(住所・氏名)を持っていない人
  • 特定の地域に絞り込みDM送付したい人

におすすめのDM発送方法です。

「タウンメール(配達地域指定郵便物)」を利用するには、印刷から発送まで一括で依頼できるDM発送業者に依頼することで発送準備の工数を大幅に削減することが可能です。
通常タウンメールは12月15日~翌年1月14日の間はサービスが中断されるため、利用を検討している方は2022年3月末までに早めにDM発送業者に依頼すると良いでしょう。

DM(ダイレクトメール)発送のプロとして、
お客様のビジネスに貢献いたします

株式会社ジャパンメールは、DM発送はもちろん、法人リストの抽出・デザイン、印刷、封入作業など、
DM発送にかかる面倒な業務を格安に承っている専門のDM発送代行会社です。
年間1,000万通以上のDM発送代行業務を請け負っており、一部上場企業から商店や個人の方に至るまで、
全国各地の様々なお客様にご利用いただいております。

創業以来、DM発送代行業務に特化し、一社一社のお客様のご要望にお答えして培われた経験や、
DM発送のノウハウを最大限に活かし、これからもDM発送代行のプロフェッショナルとして、
皆様のお役に立てるサービスを提供してまいります。
DM発送に関してご不明なことがございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。